yacht 航跡年表 歴史 - _

●  本 史 ●

● 1962年(昭和37年)〜1966年(昭和41年) ●
1962年(昭和37年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  1・13〜16 2年後の東京オリンピックに備え,第1次強化合宿(葉山)  ヘッドコーチ:小沢吉太郎, コーチ:宮川清
4・17〜19 東京ボートショー−第1回
5・5〜6  早慶戦−第25回(横浜)
6・30〜7・1 関東インカレ−第29回(横浜)  4位
7・− ヨーロッパ遠征  ドラゴン級(ノルウェー,デンマーク)参加・舟岡正
7・28〜29 鳥羽レース 早風6位
8・12 堀江謙一,マーメイド号で太平洋横断成功(19フィートJOGキングフィッシャー)
8・15 全日本インカレ−第27回(広島)  予選敗退
9・16〜17 国体−第17回(岡山・渋川)  A級よりフィン級に代わる
10・11〜16 第3次オリンピック強化合宿, エルブストローム来日
10・17〜22 全日本選手権−第17回(葉山) ドラゴン級で舟岡組優勝
10・19 早慶新人戦(横浜)
11・3〜4 初島レース,早風遭難, 6名死亡
ミヤ(4名),ノブチャン(1名)同じく遭難
利島レース加え43隻出走,10隻完走
早稲田大学に遭難対策本部設置,広域捜索活動展開
12・16〜19 日本ヨット協会,学連指導者講習会 7水域,34校参加
1・9 ガリオア・エアロ債務返済に関する協定に正式調印(9.11発効)

2・1

東京都,人口1,000万人を突破(世界最初の1,000万都市)

5・−

サリドマイド系睡眠薬奇形児問題化

5・3 三河島事故起こる
5・10 新産業都市建設促進法公布(8.1施行)
8・24 三宅島大噴火,22年ぶり
10・22 米国,キューバ梅上封鎖を声明(キユ一パ危機)
▲「1962年-1966年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1963年(昭和38年)
記録・写真 月 日 出 来 事

 (電子化は一部)
−・− 東京オリンピックを翌年に控え,選手強化,大会準備進む(小沢信三郎,宮川清,松本冨士也等理事として参画)
3・5 関東学連加盟23校となる(1部7, 2部7, 3部9,計23校)
−・− A級テトロンセール公認(39年新人インカレより)
4・13 早風合同慰霊祭(大隈小講堂)
5・4〜5 早慶戦−第26回(横浜)  僅差敗
5・10 海外派遣選手権各氏参加決定(ドラゴン級:松本冨士也,舟岡正,日色輝幸 フィンコーチ:高原清彦 フライングダッチマンコーチ:宮川清)
5・12 瀬戸内横断レース−第9回 出走63中多数転覆するも全員救助
6・29 関東インカレー第30回 8位, 2部転落
7・10〜14 ドラゴン級世界選手権(スウェーデン・マルストランド)棚町・舟岡組29/77,吉田・松本組44/77,加藤・日色組49/77
7・14 全日本A級選手権−第28回(館山) 山中束洋平2位
8・7 全日本インカレ−第28回(博多志賀島)
9・18 国体−第18回(山口・光市)
10・4 大原弘山死亡:(本名大原多美雄,60歳,日本セールメーカー第一人者)
10・12 早慶新人戦(横浜)  優勝

10・11〜16

東京国際スポーツ大会(葉山)プレオリンピック 支援艦艇42隻

−・−

ヨット部再建へ努力,体制立直し
    新大型艇建造計画

2・20

日本,ガット理事会でガット11条国へ移行の政府決定を通告

7・18

米ケネディ大統領,国際収支教書を発表。利子平衡税を創設,株価開所以来の下げ幅を記録(7.19)
7・26 経済協力開発機構(OECD)理事会,日本の加盟を承認(39.4.28加盟)
8・14 日本,米英ソ3首都で部分的核実験停止条約に調印
11・1 新千円札発行
11・9 三池三川鉱ガス爆発,死者458人
11・22 米ケネディ大統領暗殺さる。ジョンソン副大統領,大統領に昇格
11・23 初の日米間テレビ宇宙中継受信実験に成功(ケネディ暗殺ニュースを受信)
▲「1962年-1966年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1964年(昭和39年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 






東京オリンピック


稲竜進水
−・− 日本ヨット協会は文部省所管の財団法人に改組
−・− NORCは運輸省認可を受け,社団法人日本外洋帆走協会となる
−・− 日本フライングダッチマン協会発足(14艇)
−・− 早慶戦中止(レース海面問題合意ならず)
3・10 岡本酒造死亡(70歳,岡本造船所創設者,日本ヨット建造の草分け)
3・− 早稲田の新大型艇建造着工(岡本造船所)
3・20 翔鶴(学習院)遭難,5名死亡
5・3〜5 スナイブ級全日本選手権(葉山)3位(若松・小島,千葉・木内組)
6・7〜10 国体−第191回(新潟・両津市)
6・6〜7・29 チタU,太平洋横断(53日12時間)
6・20〜21 関東インカレ2部−第31回(富岡)  2部優勝,1部へ復帰
6・27〜28 関東インカレ1部−第31回(富岡)  3位
8・2〜5 全日本インカレ−第29回(琵琶湖)  予選敗退
8・15 関西ヨットクラブ(西宮)完成
8・18 江ノ島ヨットクラブ設立
8・21〜29 スナイブ級西半球選手権(カナダ・オンタリオ湖)若松・千葉12位
9・24 台風20号,瞬間最大風速41.3m/s(神戸)−関西水域大損害ふじやま丸大破
10・11〜21 東京オリンピック,5.5メートル級(松本冨士也14/15), ドラゴン級(舟岡正・目色輝幸17/23),スター級13/17, フライングダッチマン15/21, フィン級21/33
11・21 新大型艇「稲龍」進水
4・1 日本,国際通貨雄途(IMF)8条国に移行
6・16 新潟を中心に大地震,死者26人,原油タンク爆発,15日間燃えつづける
8・2 トンキン湾事件起こる。8.4米機報復として北ベトナム基地を爆撃
10・1 東海道新幹線営業開始
10・10 第18回オリンピック東京大会開催(〜24),参加94か国,選手総数5,541人,日本選手団410人。日本,16種目に優勝
10・15 フルシチョフ第1書記兼首相解任さる。第1書記ブレジネフ,首相コスイギンとなる(ソ連)
11・12 全日本労働総同盟(同盟)発足
11・15 シンザン,3冠馬となる
11・17 公明党結成大会開かる
▲「1962年-1966年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1965年(昭和40年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 
春合宿 森戸海岸
3・− フィン級太平洋選手権(ニュージーランド・オークランド)
5・− 全日本フィン級選手権(渋川)
5・− 全日本スナイプ級選手権(常滑)
5・8 江ノ島ヨットクラブ,ジュニア委員会発足(1期生26名)
5・− 早慶戦−第27回(葉山)
6・25〜27 関東インカレ−第32回(富岡)  優勝
7・22〜28 フィン・ゴールドカップ(東独・グディニア)
7・23〜25 鳥羽パール・レース−第6回(鳥羽−城ヶ島)
8・4 全日本インカレ−第30回(二色浜)(参加20,予選3組,決勝6校)
8・12〜15 フィン・アタセーウィーク(オーストリア・アタセー)
庄島1/15(優勝)
8・− 稲龍,相模湾ポイントレースで1着
8・17  小田干馬木氏死亡(63歳,東京オリンピック監督,協会副会長)
8・18 全日本A級選手権
8・19〜21 フィン級北欧選手権(スウェーデン) 庄島24/50
8・23〜28 スター級世界選手権(アメリカ・ニューポート)34/35
9・9 スナイプ級世界選手権(スペイン・ラスバルマス)20/25

9・19〜22

国体−第20回(愛知・蒲郡)
 −・− カシオペア,Y15−K16,FD−FC,ドラゴン,シーホース各全日本選手権挙行
−・− チタU,太平洋往復成功
−・− インタークラブ,実業団,各種女子等の全日本選手権挙行
−・− 国際レースにも次々参加の年
10・9 新人早慶戦 (葉山)
10・− 神子元レース稲龍1着
4・15 ILO87号条約,国会承認
6・22 日韓基本条約調印(12.18発効)
7・1  名神高速道路全通
10・21 朝永振一郎, ノーベル物理学賞受賞
11・10 日本原子力発電梶C初の営業用原子力発電に成功(出力5,OOOkW)
11・19 閣議,財政処理のため国債発行を決定(戦後初の赤字国債)
12・15 米2人乗り宇宙船ジェミニ7・8号,初のランデブーに成功
▲「1962年-1966年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1966年(昭和41年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  −・− 協会評議員会,国際レースへの対応,国体出場数・レース数整理,安全指導のためバッヂテストなど討議,決定
−・− ヨット数調査4,000艇 人口12,000人(登録)
5・− 全日本スナイプ級選手権(江ノ島)  大原・佃・和田組優勝
−・− 早慶戦−第28回(葉山) 初日リタイヤ続出,2日目頑張るも及ばず
−・− 同志社戦,関学戦中止(早大紛争のため)
6・17〜19 関東インカレ−第33回(葉山)  6位
6・22 束京六大学選手権−第1回(葉山)  S級1位,総合2位,個人賞岡戸
7・27〜31 全日本インカレ−第31回(常滑)  敗退
7・29〜31 鳥羽パールレース
−・− ドラゴン級欧州選手権
−・− ドラゴンゴールドカップ
5・29 関東女子個選(逗子)  渡辺・古川4位
10・16 関東女子ヨット・オープン大会(葉山)  A級6位
9・18〜21 国体−第21回(大分・別府北浜)
10・1〜2  ワン・オブ・ア・カインド・レース(OOAKR)−第1回 16艇種
10・− 大島レース 稲竜1着
10・8〜9 全日本スナイプ級選手権(葉山)大原・佃組優勝
11・3〜6 全日本ドラゴン級選手権−松本・舟岡・目色組優勝
−・− 全日本スター級選手権 原・岡戸組3位
12・3〜10 西半球スナイプ級選手権(ウルグアイ・モンテピデオ)
大原・佃・和田10/16
−・− A級ディンギーにかわる艇種につき検討始まる
−・− 合宿所問題,検討
1・18 早稲田大学紛争始まる(6.22スト終結)
1・21 日ソ航空協定, モスクワで調印
2・4 全日空機,羽田沖で墜落(死者133名)
3・1 ソ連金星3号,金星に到達
3・31 法務省の住民登録集計によると人口1億人を突破
5・− 中国文化大革命始まる。8・−紅衛兵旋風吹き荒れる
7・11 広島市議会,原爆ドームの永久保存を決議
10・29 戦争中の政府接収ダイヤ売出し,買手殺到
−・− この年,飛行機事故多発
ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット
「1957年-1961年」へ  ▲「1962年-1966年」トップへ    「1967年-1971年」へ
▲「航跡年表」「本史」へ