yacht 航跡年表 歴史 - _

●  本 史 ●

● 1957年(昭和32年)〜1961年(昭和36年) ●
1957年(昭和32年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  5・3〜5 早慶戦−第20回(横浜)  3連敗
6・8〜9 関東インカレ−第24回(横浜)  5位
 7・25〜27 全日本インカレ−第22回(琵琶湖)
9・2〜7 スナイプ級世界選手権(ポルトガル・リスボン・カスカイス海岸) 日本代表・山口良一,松本冨士也,棚町三郎,20挺中16位
9・22〜25 国体−第12回(静岡・伊東)
10・6 全日本インタークラブ選手権(横浜)  早風SC3位
10・12〜13 全日本個選
10・12 早慶新人戦(横浜)
−・− SCIRA日本支部発足(初代会長:小沢信三郎)
2・23 石橋内閣総辞職(首相病気のため)2.25岸内閣成立,全閣僚留任
3・11 春闘,官民労組統一実力行使
8・27 原子力研究所臨界に達し,原子の火ともる
10・1 国連総会で安保理事会非常任理事国に当選
10・4 ソ連,人工衛星スプートニク1号打上げに成功
12・6 日ソ通商条約調印(33.5.9発効)

12・11

100円硬貨発行

 

 

▲「1957年-1961年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1958年(昭和33年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  1・7 港遠征, スター級
5・3〜4 早慶戦−第21回(横浜)  4連敗
6・7〜8 関東インカレ−第25回(横浜)
6・29 千葉大遭難, 1名死亡
6・29 全日本インカレ−第23回(仙台)
9・14〜17 国体−第13回(大津)
9・28〜29 スナイブ級SCIRA日本選手権(横浜)   
1位 棚町二郎・舟岡正,2位松本冨士也・福谷繁
10・11〜12 全日本個選(広島・江波沖)  S級で松本冨士也・神谷繁 1位
10・18 早慶新人戦(横浜)  優勝
10・24 新人インカレ(横浜)
1・31 アメリカ,人工衛星打上げに成功
3・9 関門国道トンネル開通式,21年の歳月,56億円を費やす
4・1 売春防止法施行
5・24 第3回アジア競技大会,東京で開催

6・12

第2次岸内閣成立

6・16

日米・日英原子力ー般協定調印

11・1

特急こだま号運転開始(東京・大阪間6時間50分)

12・1

1万円札発行

12・23

東京タワー完工式(世界最高333メートル)
▲「1957年-1961年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1959年(昭和34年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  5・2〜3 早慶戦−第22回(横浜)優勝
この年よリジブのみテトロン帆布使用する
6・12〜14 関東インカレ−第26回(横浜)
7・18〜19 関西長距離レース(西宮−洲本) ツインスター優勝
7・28〜29 スナイプ級SCIRA日本選手権
7・31〜8・2 全日本インカレ−第24回(西宮)  3位
8・1〜2 全日本実業団−第5回(愛知・鬼崎)
9・20 全日本インタークラブ選手権−第9回(高松)
10・19〜20 スナイブ級世界選手権(ブラジル)  日本代表・
      石井正行他,16艇中3位
10・26〜30 国体−第14回(横浜)
11・1 シーホース日本選手権第5回(横浜)
−・− 地方ヨット協会,実業団チーム,大学・高校ヨット部増加
1・1 メートル法実施,尺貫法廃止
1・14 第3次南極餓則隊,1年間昭和基地に残されたカラフト犬タロ,ジロ生存を確認
4・10 皇太子の結婚パレード,テレビ各社が総力で中継
5・26 IOC総会で1964年オリンピック大会開催地東京に決定
9・26 伊勢湾台風(台風15号,明治以後最大,死者5,041人)
10・25 西尾派社会党離党。35.1.24民主社会党発足
10・− 早大,電子計算室設置
−・− 下期から翌年にかけて岩戸景気になる
▲「1957年-1961年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1960年(昭和35年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 

館山回航


5・7〜8 早慶戦−第23回(横浜)  連勝
6・18〜19 関東インカレ−第27回(横浜)  2位
原章S級  4レース1位を独占
7・15〜16 全日本インカレー第25回(館山)  4位
8・25 全日本選手権−第15回
8・28 油壺ヨッテル開設
8・29〜9・7 ローマ・オリンピック(イタリア・ナポリ)
監督・堀江喜三(フィン級35艇中23位,スター級26挺中26位, ドラゴン27艇中22位)
10・15 早慶新人戦(横浜)  優勝
10・15〜16 全日本学生個選−第1回(常滑)
10・23〜27 国体−第15回(鹿児島・鴨池)
10・29 オールカインドレース 1位 シーホース木製,2位 シーホースFRP
11・2〜3 全日本実業団−第6回
11・30 全日本インタークラブ選手権第11回早風SC3位
−・− 極東ヨット連盟結成
    日本ヨット協会会長に山県勝見氏
1・12 貿易為替自由化促進閣僚会議第1回会合,根本方針を決定(3年間で自由化達成を目標)
1・19 日米新安保条約, ワシントンで調印
5・− 衆議院安保条約強行採決アイゼンハワー訪日中止

6・15

安保改定阻止に全学連等全国で580万人参加,国会デモ
6・23 新安保条約批准書交換,発効。岸首相退陣へ
7・19 第1次池田内閣成立
8・25 第17回オリンピック, ローマで開催, 日本選手169人参加,体操で団体・個人優勝
9・10 カラーテレビ本放送開始
10・12 社会党委員長浅沼稲次郎刺殺さる
11・8 ケネディ,米大統領に就任
11・12 早慶戦,初の6連戦となり,早大安藤元博投手5たび完投,早大勝つ
12・8 第2次池田内閣成立
12・27 閣議,国民所得倍増計画を決定
▲「1957年-1961年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1961年(昭和36年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  1・− 早稲田大学,体育局校舎竣工
4・29〜5・1 極東ヨット連盟大会−第1回
5・6〜7 早慶戦−第24回(横浜)  3連勝
7・1〜2 関東インカレ−第28回(横浜)  3位
7・14〜18 国体−第16回(宮城・塩釜)
7・15〜17 スナイブ級全日本選手権(横浜)  優勝(松本冨士也・福谷繁)
7・− 鳥羽レース−第2回(鳥羽−横浜)  早風2着
8・24〜29 全日本インカレ−第26回(常滑)  予選敗退
9・16〜23 スナイブ級世界選手権(アメリカ・ニューヨーク
      州レイ)  松本冨士也他,18中13位
10・14 学生外洋レース(横浜−初島−横浜)  3位
10・19 スナイブ級遭難(横浜)  慶大生,東大生各1名死亡
10・22 全日本女子オーブン
10・22〜29 全日本選手播−第16回(葉山)A級,フィン級,ドラゴン級
11・− 巴工業,読売スポーツ賞受賞
−・− 日本ドラゴン協会結成
ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット
「1952年-1956年」へ  ▲「1957年-1961年」トップへ    「1962年-1966年」へ
▲「航跡年表」「本史」へ