yacht 航跡年表 歴史 - _

●  本 史 ●

● 1952年(昭和27年)〜1956年(昭和31年) ●
1952年(昭和27年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 
早風 東京湾にて
4・− 大型艇早風(33フィート)進水,命名・島田孝一総長
5・1〜2 早慶敬−第15回(横浜) 3連敗,スナイブの失点に敗る
5・23  大島レース 1.インデペンデンス 2.アルバトロス 3.仰秀
−・− 早風は東京湾内での訓練を重ねる。米海軍主催の木更津レース出場(横須賀−木更津−品川−横須賀)
6・1 9フィートケッチ(わたりどり),太平洋横断へ(47日でサンフランシスコへ)
6・13〜14 関東インカレ−第19回(横浜)  2位
7・20〜28 ヘルシンキ・オリンピック 海徳氏(関学) フィン級出場
7・25 本外洋レース−第1回(横浜−三崎−下田−清水)
    早風,横浜から観音崎まで伴走
7・29〜8・3 全日本インカレ−第17回(琵琶湖) 参加18校 3位
9・17〜21 国体−第7回 高校の部・早大学院優勝V2(S級:武村洋一・並木茂士,A級:中田忠雄・郡司)
9・27 関東個選(横浜)  S級で金沢健・松本冨士也優勝
10・25 全日本個選(横浜)  S級で金沢健・米田秀久・松本冨士也組4位
−・− 資金集めダンスパーティー(於雅叙園)
1・18 韓国政府,李ライン設定
2・8 改進党結成

4・1

琉球中央政府発足

4・9

日航機もく星号三原山遭難

4・28 対日平和・日米安保両条約発効。サケマス漁船一勢出港
5・1 第23回メーデー,墓居前広場で乱闘,血のメーデーとなる
5・9 大で私服警官を学生軟禁する早大事件起こる
5・29 日本のIMF(国際通貨基金)への加盟承認(8.13ワシントンで加入調印)
7・1 京国際空港(羽田)誕生
7・19 第15回オリンピック,ヘルシンキで開催(日本戦後初参加)
7・21 破壊活動防止法公布
10・30 第4次吉田内閣成立
▲「1952年-1956年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1953年(昭和28年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  4・− 競技規則,変更適用。IYRU規則に北米規則を加えたもの
5・1 大島レース 出走12,完走3,アルバトロス優勝
5・2〜3 早慶戦−第16回(横浜)  4連敗
5・2 早慶レース後,初代監督に高原清彦就任
6・13〜14 関東インカレ−第20回(横浜)  2位
7・− 夏期合宿(館山見晴亭),帰り廻航,天候不順で難航
7・24〜26 外洋レース−第2回(横浜−清水)  アルバトロス優勝。早風,参加したが稲取で棄権
7・31〜8・3 全日本インカレ−第18回(西宮)
9・− 関東個選(横浜)  S級で金沢健・日色輝幸優勝
9・22 国体−第8回(高松市大的場) 従来の乗り回しをやめて,抽選で艇を割り当てる方式とした
10・31 新人インカレ−第1回(横浜)  優勝
11・2〜3 全日本選手権(琵琶湖)  オリンピック得点方式を採用
−・− の年,マンフレッド・カリ一(RACING TACTICS著者) 2月死亡。ウィリアム・クロスビー(スナイブ設計者,RUDDER編集長, YACHTING編集長)8月死亡
2・1 NHK,東京地区でテレビの本放送開始

3・5

ソ連首相スターリン死亡,スターリン暴落起こる

3・23

中国からの邦人引揚げ第1船舞鶴入港

5・21

第5次吉田内閣成立

7・27

朝鮮休戦協定調印, 3年間の戦火止む
8・20 ソ連水爆実験成功
12・25 奄美群島,日本に復帰,大島郡になる
▲「1952年-1956年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ


1954年(昭和29年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 
レイノルズ博士 フェニックス号で
世界一周航海へ
1・1 日本外洋帆走協会(NORC)発足−日本クルージング・クラブの発展
1・9 墨田川造船所焼く。早風半焼,白鳳(中央大)全焼
5・1〜2 早慶戦−第17回(横浜)  強風のレース沈艇続出で乱戦。僅差で5年振り,気力の勝利
6・12〜13 関東インカレ−第21回(横浜)  5位
7・23 国体−第9回(小樽市祝津)
7・− 夏期合宿(岩井)
8・13〜15 全日本インカレ−第19回(高松)
9・− 全日本インタークラブ選手権
10・4 レイノルズ博士 世界一周へ  その後について
10・9〜10 初島レース(NORC)9艇,A級 ムヤ,B級 ドンガW
11・14 本更津レース−第2回 A級 ムヤ, B級 ドンガメW
−・− 横浜新山下町に合宿所購入
3・1 第五福竜丸, ビキニ水域で被爆
4・21 犬養法相,指揮権発動(造船疑獄事件)
4・23 学術会議,原子力研究3原則を声明
6・2 近江絹糸の人権スト突入(9.16妥結)
6・8 改正警察法公布(7.1施行)
7・1 防衛庁設置法・自衛隊法各公布(7.1施行)
9・26 洞爺丸転覆,死者(行方不明)1,155人
12・10 第1次鳩山内閣成立
▲「1952年-1956年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1955年(昭和30年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 

第十八回早慶戦
A級ディンギー 1,2,3位を快走中
−・− 日本ヨット協会組織の改正,従来の加盟地方協会に加え,全日本学生連盟,全日本実業団ヨット連盟からも直接理事選出(関東学連代表として目色輝幸)
−・− 帆走委員会制度確立
−・− 最高審判委員会設ける
4・29 九州・修鰍館高校ヨット部遭難, 1名死亡
5・4 瀬戸内海横断レース 17マイル
5・7〜8 早慶戦−第18回(横浜)
6・11〜12 関東インカレ−第22回(横浜)  3位
7・15〜17 全日本インカレ−第20回(館山)  優勝
7・− 大学,館山寮開設(教職員厚生施設,体育部合宿所)
8・20〜21 全日本個選(蒲郡)
9,22〜26 国体−第10回(葉山)
10・9  全日本インタークラブ選手権(葉山)
10・15  早慶新人戦(横浜)
11・3〜5 日本実業団選手権−第1回(琵琶湖)
3・8 東京湾口の防潜網撤去, 4年ぶりに自由航行
3・19 第2次鳩山内閣成立

6・21

日米原子力協定仮調印,原子力時代の夜明け(11.14ワシントンで調印)
8・6 第1回原水爆禁止世界大会,広島で開催
10・13 左右社会党統一大会開かる
11・15 自由民主党結成
11・22 第3次鳩山内閣成立
▲「1952年-1956年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ
1956年(昭和31年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  5・5〜6,10 早慶戦−第19回(横浜)  連敗
5・25〜26 大島レース(ドンガメW)
6・1〜7 香港遠征 スター級
6・9〜10 関東インカレ−第23回(横浜)  5位
7・26〜28 神子元レース 125マイル(古鷹)
8・3〜5 全日本インカレ−第21回(高松)
8・31 早稲田高等学院,上石神井へ移転
9・2 全日本インタークラブ選手権−第7回(蒲郡)早風SC優勝
9・2〜3
  8〜9
関東個選 S級で松本冨士也・佐伯恵三・米田秀久組優勝
9・3 国体−第11回(西宮)
10・13〜14 全日本個選(横浜)
10・26 新人インカレ(横浜)  優勝
11・3〜4 早慶新人戦(横浜)
5・9 日本登山隊, ヒマラヤのマナスル(8,125m)初登頂に成功
7・17 経済自書−日本経済の成員と近代化−発表 「もはや戦後でほない」が流行語となる
10・19 日ソ国交回復に関する共同宣言,モスクワで調印(12.12発効)
10・29 スエズ戦争始まる(イスラエル軍,エジプトに侵入)
11・8 南極予備観測隊,宗谷にて東京出発(32.1.29昭和基地設営)
11・22 第16回オリンピック, メルボルンで開催, 日本, レスリング,体操,水泳に活躍
12・18 国連総会, 日本の国連加盟案を全会一戦で可決
12・23 石橋内閣成立
ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット
「1947年-1951年」へ  ▲「1952年-1956年」トップへ    「1957年-1961年」へ
▲「航跡年表」「本史」へ