yacht 航跡年表 歴史 - _

●  本 史 ●

● 1932年(昭和7年)〜1936年(昭和11年) ●
1932年(昭和7年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 
「ローンスター」
−・− 早大生小沢信三郎、ヨット同好の士とクラブ活動開始
6・14 三田ヨット倶楽部誕生
6・− 『舵』創刊。1部25銭。日本モーターポート協会の機関誌として(土肥勝由氏)
8・21 第1回湘南ヨットレース(三田Y,C.主催)に,小沢ら「ロ一ンスター」でレース参加
11・23 東部ヨット協会設立
西部ヨット協会設立
11・27 日本ヨット協会設立(於日本青年会館)
11・− 関東学生ヨット連盟(学連)発足
レース規格艇を国際単一型A級(12フィート)ディンギーとする。これは1928年アムステルダム・オリンピックのモノタイプ採用艇
1・28 上海事変勃発第
2・9 井上前蔵相,血盟団員に暗殺さる
2・29 リットン調査団来日
3・1 満州国建国宣言
4・24 第1回日本ダービー開催
5・15 犬養首相暗殺さる。
斎藤実内閣となる(5.15事件)
7・30 第10回オリンピック、ロサンゼルスで開催
10・1 東京市の人口 497万人(世界第2位)
12・16 日本橋白木屋デパート火災,初の高層建築火災
▲「1932年-1936年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1933年(昭和8年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  −・− 早稲田ヨットクラブ練習開始(品川)
4・− 同志社ヨット部誕生
5・− 横浜セーリング倶楽部(小沢吉太郎,小沢信三郎,大村氏ら)誕生
9・23 早稲田ヨット部設立(協会公認)
9・23/24 全日本選手権−第1回(品川)東西対抗で小沢信三郎1位となる
11・3 11・3 神宮大会(後の国民体育大会)にヨット競技加わる
全日本学生選手権(全日本インカレ)−第1回(品川)
主将:小沢信三郎
1・30 ドイツ、ヒットラー政権生れる
3・3 三陸地方に大地震・大津波,死者約3,000人
3・4 ルーズベルト、米大統領に就任
3・27 日本、国際連盟を脱退
4・22 滝川事件起こる
6・19 丹那トンネル貫通(着工以来15年2か月 死者63人)(12.1開通)
10・22 早慶野球試合で紛争起こる(リンゴ事件)
11・1 米穀統制法施行
12・23 皇太子誕生をサイレンで告知
▲「1932年-1936年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1934年(昭和9年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 

第1回関東インカレ
A級ディンギー15艇
5・6 束部ヨット第−第2回(品川) A級で小沢(信)優勝
5・− 中橋弥太郎、田原正信、藤村紀雄、松山勲ら関西出身者が小沢らの早稲田ヨットクラブに奉加。小沢私有艇2艇で練習(田町)
5・6 第2回東部ヨット祭(品川)小沢(信)1位
6・17 関東学生選手権(関東インカレ)−第1回(横浜)慶応、商船、関東学院、東大、早稲田の5校が参加するも審判問題でノーレースとなる
8・25 全日本インカレ−第2回(横浜)7位
9・8 全日本個選−第2回(琵琶湖)小沢(信)4位
12・− 資金集めのため,淡谷のり子、灰田勝彦等出演の軽音楽会を開催(於日本青年館)主将:小沢信三郎所有艇:3挺
3・1 満州国帝政となる。執政官溥儀、皇帝に
4・18 帝人事件起こる。7.3斎藤内閣これにより総辞職
7・8 岡田内閣成立
9・21 室戸台風,関西を襲う
11・2 アメリカ大リーグ来日
12・3 日本、ワシントン条約破棄
12・26 日本プロ野球チーム誕生
▲「1932年-1936年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1935年(昭和10年)
記録・写真 月 日 出 来 事
  5・12〜19 早慶戦−第1回(横浜)A級ディンギー5挺ずつ
5・− スター級「紺碧」建造
6・6〜16 関東インカレ−第2回(横浜)優勝
6・− 日本ヨット協会会長に海軍大将竹下勇、副会長に西園寺八郎就任
8・− 全日本インカレ−第3回(横浜)2位
10・8〜12 全日本個選兼オリンピック予選−第3回(名古屋)藤村紀雄優勝
11・− 神宮大会(品川)一般個選A級で小沢(信)優勝
−・− 京大ヨット部誕生 主将:藤村紀雄 所有艇:A級4、スター(紺碧)1、大型艇(18フィートローンスター他)計8
2・18 美濃部達吉の天皇機関説、問題となる
3・23 ソ連、北満州鉄道を日本に譲渡3国調印
9・− 第1回芥川賀に石川達三『蒼氓』 直木賞に川口松太郎『鶴八鶴次郎』
10・1 青年学校発足
国勢調査行なわれる(内地人口6,925万人 外地人口2,844万3,407人)
12・1 初の年賀郵便用切手発行
12・9 日本、ロンドン軍縮会議に出席
▲「1932年-1936年」トップへ   ▲「航跡年表」「本史」へ

1936年(昭和11年)
記録・写真 月 日 出 来 事
 

スター級選考レース

左から「紺碧」、「バリフー」、
「玄海」




キールオリンピック
ハーフェンの
オリンピックヨレ
5・− 日本ヨット協会、日本体育協会に加盟、オリンピックへの手順ととのう
6・14 早慶戦−第2回(横浜)スター級、A級とも優勝
7・12 関東インカレ−第3回(横浜)優勝
7・27〜30 全日本インカレ−第4回(博多奈多)優勝(中橋、田原、村瀬、宮川ら)
8・− ベルリン・オリンピックのヨット競技に日本初参加 オリンピアヨレに藤村紀雄出場
−・− 第一高等学院ヨット部、体育会に入会(田原、宮川、両角、永元、植松ら)
12・− 新交響楽団演奏会(資金集めのため) 主将:中橋弥太郎 所有斑:A級5、スター1、大型艇3 計9
1・15 日本、ロンドン軍縮会議脱退
2・5 プロ野球連盟成立(7チーム)
2・26 2.26事件起こる
3・9 広田内閣成立(軍の政治干渉高まる)
5・18 阿部定事件起こる
7・31 IOC、第12回オリンピック開催地東京に決定
8・1 第11回オリンピック、ベルリンで開催、日本選手179人参加
11・7 議事堂竣工
11・25 日独防共協定調印
ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット  ヨット
▲「1932年-1936年」トップへ   「1937年-1941年」へ   ▲「航跡年表」「本史」トップへ