平成21年4月16日

早稲田ヨットクラブ会員各位

早稲田ヨットクラブ

会 長  並木 茂士

 

「小野梓記念スポーツ団体賞」受賞祝賀会のご案内

 

会員の皆様にはお変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。
また常日頃、早稲田ヨットクラブの活動、早稲田大学ヨット部の支援に
一方ならぬご協力を頂き誠にありがとうございます。

皆様のご支援の下、ヨット部の現役諸君は新入生を迎え入れ活気に満ちた中に、
春のインカレに向け日々トレーニングに励んでおります。

今日は、会員の皆様に昨年の「全日本インカレ総合優勝」の朗報に引き続き、
早稲田大学からヨット部の「全日本インカレ総合優勝」に対し
小野梓記念スポーツ団体賞」を授与されましたことを喜びとともにご報告申し上げます。

 

大学広報によれば『小野梓記念賞とは、学生褒章の中で最も名誉ある賞です
小野梓は大隈重信を助けて早稲田大学の前身である東京専門学校の創設にもっとも心血を
注いだ一人でした。
それ故に大隈重信と小野梓は本学建学の父・母に並び称されています。

小野梓は東京専門学校創立後、わずか3年余でその後の学園の隆盛を見ることなく、
33歳の若さで亡くなりました。
しかし、小野梓の唱えた「学問の独立」は1913年の創立30周年式典に際して宣明された
「早稲田大学教旨」に明記され、今日に至るまで脈々と受け継がれて
早稲田大学の根本精神となっています。

こうした小野梓の功績を顕彰し、建学の精神を顕揚することを目的に、
1958年に小野梓記念賞が制定され、学術、芸術、スポーツの3部門において、
それぞれ優れた成績を修め、模範となるべき学生に対してこの賞が贈られる
ことになったのです。』とあります。

 

この「小野梓記念スポーツ団体賞」の受賞は創部76年にして初めての最高の「名誉」であります。
そこで、この喜びを近江ヨット部部長・現役諸君・監督・コーチとともに多くの会員の皆様と
分かち合いたいと念願するものです。日程は下記の通りです。
万障お繰り合わせのうえ御参集ねがいます。

追って、往復葉書にてご案内申し上げます。

 

 

小野梓記念スポーツ団体賞」受賞祝賀会

 

日  時  平成21年6月13日(土) 13:00〜15:00

 

場  所  東天紅「横浜店」     рO45−671−7251

        神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センタービル10F

 

アクセス  みなとみらい線日本大通り駅 徒歩3分

 

連絡先 早稲田ヨットクラブ事務局

杉井謙治 

------------------------------------------------------------------------
多くの方にご参加やご祝儀を頂き有難うございました。
(以下敬称略)

招待者:
競技スポーツセンター所長 宮内 孝知 ヨット部部長 近江 幸治 H6 監督 畠山 知己 H18 コーチ 関口 功志
H21 神谷 航路 H21 木元 将貴 H21 村上 航 現役学生 22名

OB参加者:
S22 久留島 三記男 S23 犬伏 慶二 S26 秋山 昭 S28 佐伯 浩一 S28 大津 丈夫 S29 米田 晴二
S29 安藤 一夫 S30 千葉 栄作 S30 松本 冨士也 S30 鈴木 賢太郎 S30 濱田 裕
S31 舟岡 正 S32 山崎 達光 S32 武村 洋一 S34 並木 茂士 S37 伊藤 秀利
S40 大  興太郎 S40 松島 弘行 S41 長澤 和彦 S42 岡戸 義一 S42 大原 靖弘
S42 石合 幸彦 S44 須藤 桂司 S46 原田 浩二 S48 春日 孝信 S48 杉井 謙治 S48 平戸 雅幸
S48 新沢 はるみ S48 横山 至孝 S54 北川 邦弘 S62 久保田 悟

欠席者:
S16 堀江 喜三 S21 阿山 剛男 S22 横田 豊 S31 日色 輝幸 S41 森  昭 S40 斉藤 龍雄
S41 小坂 順孝 S42 中村 重昭 S43 伊藤 宏

新エンブレムをご希望の方は事務局までお申し込みください。

 

荒ぶるの神谷、木元
新OBを囲んで

新WYCエンブレムが贈られました
近江部長先生から
受賞に到った経緯を
披露いただく
宮内競技スポーツセンター長
からの後押しもありました
山崎先輩 も駆けつけてくださいました
テーブル毎にOB・学生の交流が
図れるように工夫されました

松本、千葉、安藤(立ってる)、岡戸OB
主賓テーブル

神谷OB(H21)、並木会長、宮内競技スポーツセ長、山崎JSAF会長、
畠山監督、木元OB(H21)

シルバー会の重鎮 久留島OB、
ここ産貿ホールの社長である
長澤OBも参加

左から、大原(靖)、長澤、久留島、久保田、春日OB
大津、米田、石合OB

1年生の紅一点 杉井葉月部員を囲んで
鈴木賢太郎、横山至考OB
伊藤、秋山、犬伏OB
新沢、大、舟岡、武村OB
北川、佐伯、須藤、松島、濱田OB
原田(浩)、伊藤OB
伊藤、秋山、犬伏、新沢、原田OB
佐伯、須藤、松島、濱田OB
秋山、犬伏OB
横浜開港150周年を記念して
ディンギーの国際大会が
横浜港で開催されます。

アクセスディンギーについて熱っぽく語られる松本OB
岡戸OB
下田から馳せ参じた伊藤OB
伊藤、秋山、犬伏OB
1年生
2年生
3年生
4年生
坂和君のエールで


早稲田大学 校歌 「都の西北」 斉唱。
両手に花 ご満悦の並木会長
米田、久留島、大原(靖)OB
並木会長、近江先生、宮内先生、伊藤、新沢、平戸OB
締めの挨拶は
大 副会長