2006年7月22日 早稲田大学ヨット部前期納会 染谷国際記念館

応援部主将から手ほどきを受けたという岩崎君のエール。

本格的でなかなかの迫力でした。
「早稲田大学コウカー!!!」
やけに手が長いが、インカレ優勝が手の届く範囲にきたことを示している。
ヨット部旗も立派に見える。
「パンパカパーンパカパカ・・・・」
食べ物がたくさん残っている。
パーティのあいだ学生は、OBの中に入って接待接待。
このあと、「食べたら」と言ったら、よってたかってすごい勢いで食べ尽くしてしまった。

A 小木曽泰佑君(4年)のたっての希望で、前期納会が実現したとのこと。
後期のインカレ優勝目指して、いい区切りなりました。
現役諸君の目がキラキラ輝いていました。
白のワイシャツ、白のブラウス、黒スボン、黒のタイトスカート、本当のところは別にして、
清潔で清楚で良かったよ。
1年生部員も9名参加
全日本インカレ優勝を目指して頼みますヨ。

B 学生は良く鍛えられている。太めの学生は皆無。
乗艇しない日でも、週2回はウエイトトレーニングをしているとか。
監督との信頼関係も確実なものになっているようです。
近江部長先生を囲んで

会費5000円で、OBと監督、部長合わせて10人では、きっと赤字だな。
帰りには、高橋主将の「Revolution」マグカップのお土産までついた。
「紺碧」の他に、ラバーボートも欲しいという学生の希望も叶えてやりたくなりました。

次回からは、もっと多くのOBの方に参加していただきたい一日でした。