2005年 65th 早慶戦 6月25日〜26日 三戸浜

早慶戦の存在価値は、形は色々変化すれど、重要であり
部の年間活動として位置付けることが大切であると思います。
力の差は時代時代で異なりますがそれ自体が青春の人生の肥やし
となるでしょう。
野球やラグビーと同様、守り育ててゆきましょう。そして、早慶が強くなり、
早慶戦の日程に学連の日程を組むとはけしからん、位のことをいえるように
精進したいものです。
レースの形式については、久保田監督を中心に知恵をだしあって
時代にあった楽しく厳しく品格のあるイベントを創造してください。
  大 興太郎(S40) WYC副会長

開会式

慶應大学合宿所
インディペンデンス号
から慶應大学応援部の
応援
サイドマーク回航
470クラス
26日
日吉丸に乗り込む
慶應大学鈴木部長
スタート直後の470クラス
スタート後のスナイプクラス
閉会式に向かう
早稲田大学
エール交換
運営/応援に参加の
良好OB
慶應大学
エール交換